イビサクリームの効果はどう?実際に使ってみた体験談はここ!

イビサクリームの効果はどう?実際に使ってみた体験談はここ!

未分類

イビサクリームとピューレパールどっちがおすすめ?

投稿日:

イビサクリームとピューレパールどっちがおすすめ?

黒ずみケアアイテムとして人気のイビサクリームとピューレパール、どちらを買おうかで迷っていたという人に朗報。そこで同じくあそこの黒ずみに悩まされていた管理人がこの2つのアイテムの特徴や違い、どちらがおすすめかについて等を詳しく解説しちゃいます!

イビサクリームの黒ずみケア成分・トラネキサム酸

自分で自分に試した結果を報告する前に、どうしてイビサクリームを選んだかについての説明をします。
これを説明しておかないと、どうしてイビサクリームとピューレパールを比較することになったのかイマイチ伝わらないと思いますので。

前提として、デリケートゾーン黒ずみケア用アイテムが黒ずみを薄くできるのは美白成分が配合されているからです。
黒ずみが黒いのはメラニン色素の色が透けて見えているからで、メラニン色素に効果を発揮する成分は美白成分であるため、それで大半のデリケートゾーン黒ずみケア用アイテムには美白成分が配合されています。
ただ、どんな美白成分が配合されているかはそのアイテムごとに違いますし、美白成分以外にどんな成分を配合しているかもアイテムごとに特色があります。

イビサクリームに配合されている美白成分はトラネキサム酸です。
トラネキサム酸は美白効果があると厚生労働省が認めている成分で、医薬部外品でもあります。
医薬部外品というのは、勘違いされやすいのですが医薬品ではありません。
あくまでも化粧品、なのですが、何らかの効果があると厚生労働省が認可すると医薬部外品と表示することを許されます。そのため、化粧品でありつつも、化粧品と医薬品の中間に位置する存在です。

どうせ使うのであれば、効果がありそうな成分を、それでいて、安全そうな成分を配合されているデリケートゾーン黒ずみケア用アイテムを使いたかったので、トラネキサム酸を配合していて医薬部外品であるイビサクリームを使ってみたいと考えたのです。
それから、シミや黒ずみができている状態は炎症を起こしている状態だと聞いたことがあり、抗炎症成分も配合されているほうがいいのではと考え、その点、イビサクリームには抗炎症効果のあるグリチルリチン酸2Kが配合されていて理想的でした。
さらに、イビサクリームに配合されている4種の植物成分は美白効果も抗炎症効果も持っていて、これは効きそうだなと思うにいたったのです。

ピューレパールの黒ずみケア成分・ビタミンC誘導体

イビサクリームのことを黒ずみケア用アイテムとして理想的だと感じたのにイビサクリームにしぼり切れなかったのは、イビサクリームと出会う前にピューレパールに出会っていたからです。
脇の黒ずみも気になっていたので、脇の黒ずみケア用アイテムとして知名度の高いピューレパールを使おうかどうしようか迷っていました。
迷っているうちにVIO脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみのほうが気になるようになり、脇はひとまず置いておいてデリケートゾーンの黒ずみケアを始めることを思い立ち、そこから、イビサクリームとピューレパールを比較する流れになったのは冒頭でお伝えした通りです。

ピューレパールは脇の黒ずみケア専用ジェルではありますが実はデリケートゾーンにも使えます。
公式サイトにも「ワキ以外にもお使いいただけます」と記載してあります。
一般的なデリケートゾーン黒ずみケア用アイテムと成分を比較してみても脇にしか使えない成分ではありませんし、合成香料・着色料・シリコン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を使用していないという無添加なので、デリケートゾーンにも使えます。

肝心の美白成分ですが、ピューレパールに配合されている美白成分はビタミンC誘導体です。
その他、水溶性プラセンタエキスと米ぬかエキスも美白成分で、イビサクリームと同じく抗炎症効果を持つ成分グリチルリチン酸2Kが配合されています。

イビサクリームは定期購入の縛りが2回だけでいい

イビサクリームを使いたいと思ったきっかけは配合成分のトラネキサム酸ですが、イビサクリームのことを調べていくうちに、これはすごいなと思ったことがあります。それは、定期購入の“縛り”の回数です。

定期購入のほうがお得に買えるのはネット通販あるあるですが、お得になる代わりに最低でもこれだけは続けないといけない回数が決まっています。
この回数のことを“縛り”と呼びます。
ガラケーやスマホの機種変で本体の価格を分割して支払うので次の機種変まで数年待たないといけないことがありますよね?あれも“縛り”と呼びますが、似たようなものです。

そんな“縛り”の回数としてもっともポピュラーなのが3回です。
1回使ってみて合わないと感じても定期購入を申し込んで返金保証期間を過ぎてしまったら、“縛り”が3回なら3回は購入しなければなりません。

ところが、イビサクリームは“縛り”が2回なのです。

1回しか変わらなくてもその差は大きく、とても良心的だと感じます。
なお、イビサクリームを定期購入すると、定価税別7,000円+送料360円+決済手数料150円が税別4,970円の送料無料になります。
また、クレジット決済を選ぶと定期初回が500円引き、つまり、税別4,470円になります。2か月目は税別4,970円に戻るものの、3か月目からは10パーセント割引に!

あと、使ってみて思ったのが、容器の見た目はイビサクリームもピューレパールも黒ずみケア用アイテムとわかりづらいシンプルなパッケージなのですが、使いやすさが違いました。

ジャータイプの容器よりもチューブタイプの容器のほうが使いやすいです。出しやすいのと、使う分だけ出して塗るので衛生的です。
他にも、イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみに効果があったという口コミが多いので、口コミもイビサクリームを選ぶ決め手でした。

ピューレパールは60日間も返金保証してくれる

ピューレパールは、定期購入すると、定価税別7,600円+送料648円が税別4,750円の送料無料になります。
イビサクリームでクレジット決済を選ばない場合の価格が税別4,970円なので、定期購入を選んだ際の割引率はピューレパールのほうが大きいですね。
定期購入を続けると4回目からさらに10パーセントオフになり、税別4,280円になります。

ただ、“縛り”の回数はピューレパールは3回です。
だからさらに10パーセントオフになるのが『4回目から』なのです。
ごくごくポピュラーな“縛り”回数であるにも関わらず、イビサクリームが2回の“縛り”でいいことを知ってしまうと、「3回かあ…」という気持ちになってしまいます。

容量が30グラムでイビサクリームより5グラム少ないこと、ジャータイプの容器を衛生的に使おうと思ったらスパチュラが必要なこともマイナスポイントです。
まあ、後者は指を突っ込んで使うことに抵抗がなければ問題はないのですが。

それにしても、ピューレパールの返金保証期間が60日間なのは素直にすごいと思います。
デリケートゾーン黒ずみケア用アイテムに限らず、通販商品の返金保証期間で60日間というのはかなり長いほうに属するはずです。

それから、成分。個人的には、ビタミンCを安定化させたビタミンC誘導体やプラセンタや米ぬかエキスはスキンケアアイテムの成分として好きな成分ではあるのですが、トラネキサム酸の美白力にくらべると少々劣る気がします。

ピューレパールはもともと脇の黒ずみケア用アイテムとして作られているので、デリケートゾーンに使えるとはいえデリケートゾーンに使った人の口コミが少ないのも難点かもしれません。

-未分類

Copyright© イビサクリームの効果はどう?実際に使ってみた体験談はここ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.